【誰でも釣れる】冬の東京湾 品川〜芝浦シーバスに! FURAFURAでアミパターン(?)

スポンサーリンク
インプレ

こんばんは!!

今回は久々のノウハウ投稿です!!

12〜2月の真冬、この渋い時期の東京湾で毎度コンスタントにシーバスが狙えるパターン(ルアー)を見つけたので紹介させていただきます!

おそらくアミを捕食してますので、汎用アミパターンとして成立するかも…!?

品川・芝浦で魚がいるポイント

まずはこの時期どんなポイントで釣りをするべきかという話から。

僕のホームである品川・芝浦エリアですが、

正直どの季節でもどこにでもシーバスがいます。本当に。

意識するのは一点だけ。それは潮の動きです。

品川あたりのシーバスは、基本的に上げ潮でピンに入ってきて下げ始めで積極的に捕食します。

ですから、

・潮汐表でいう「この時間」を狙ってポイントに入ること。

・下げ初めの時間にできるだけポイントを見て回り、ボイルを見つけること。

これで魚に出会える確率はアップします。


FURAFURAパターン

そして、この季節にとんでもなく効くルアー&パターンが

FURAFURA」アミパターンです

FURAFURAとは?

FURAFURAは、DUOのテトラワークスシリーズから出ているメバル用サーフェイスミノーです。

以下スペックになります。(出典:https://www.duo-inc.co.jp/product/saltwater/tetra-works/tetra-works-furafura/)

Length 48mm
Weight 2.3g
Type マグネット固定式重心移動・スローシンキング
Hook #12
Price ¥980

このフラフラの、特にクリアーカラーにセイゴ~フッコクラスが狂ったようにアタックしてくるんです…!!!

このルアーをおすすめした(ほぼ無理やり買わせた)友人の報告では、80オーバーのランカーまで釣れたとのことです。本当にライトゲーム用なのか!?

 

FURAFURAの使い方(アミパターン)

さて、今回は品川エリアでも常夜灯周りでみられる、アミパターンでの使い方です。

寒い時期にベイトが見えないのにボイルが出ていたら、ほぼアミパターンだと思っていいです。

このルアー使い方は大きく分けて、

・ラインスラッグを使ったトゥイッチ

・リトリーブスピードの変化を使った誘いの巻き

の2つに分かれます。

僕はトゥイッチのほうを多用しますが、先行者が入った後などは巻きで誘うと反応がいいです。

それぞれの特徴を説明します。

【ラインスラッグを使ったトゥイッチ】
・必ずラインスラッグを出しトゥイッチしてください。「パンッ」「パンッ」とラインを一瞬張るイメージです。
このトゥイッチ時のアクションが、もうアミそのもの!!!
公式サイトによると「ローリング」が混ざるらしい。このイレギュラーなアクションがシーバスの捕食スイッチを入れているのは、使ってみれば一目瞭然です。

トゥイッチ、トゥイッチ、リトリーブ…5匹くらいついてきてる!!」

スレるまで毎投こんな感じ(笑)

 

リトリーブスピードの変化を使った誘いの巻き
・キモは「スロー」のタイミング。ここで絶妙な引き抵抗を感じられればほぼバイトが出ます。
このミノーは、早く巻くとかなり強波動・高ピッチに泳ぎます。
キャストしてすぐは波動を強めに存在をアピールする。そして明暗の境目やストラクチャーのそばでリトリーブをスローにしてやる…すると下から「ギラッ!」とシーバスが飛び出てきます。

このスローの巻き感が非常に重要で、ベストなものを皆さんにも探していただきたいです。
感覚で言えば、「巻き抵抗がほぼないけど、ルアーがプルプルしているのはかろうじてわかる」程度の巻きです。

時にはこれら2つの誘いを合わせて狙うこともできます。

トゥイッチで気づかせて、リトリーブで食わす。

リトリーブで寄せて、トゥイッチでリアクションを狙う。

こんな使い方もできます。

というかこのルアー本当に何してても釣れるのでおすすめ。

釣果紹介

実際の釣行で釣れるのはこんな感じです。(特徴的な地形なので一部ぼかします)

 

こんな感じです!!

今日の記事のルアーをぜひ、来年の寒い時期に試してみてください!!!

ありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました