[8月14日]真夏のデイゲーム クミホンジャークでドンッ!

スポンサーリンク
釣果

こんにちは。

新発売のクミホンを使ってきましたので、そのレポートです。

▲クミホンです。

このルアーはBlueBlueから出た小型のシンキングシャッドで、かなりピッチの早いアクションをします。(ピッチ=アクションの頻度)

また、シンキングなので狙うレンジを自分で決められますし、ボトムもガンガン攻められます!!

イメージとしては、「バイブレーションみたいなアクションをする小型ミノー」です。

このルアーでいきなり魚が出たので、当日の状況を共有します。

真夏の運河でクミホン

8月14日。この日向かったのは品川駅近くの運河です。

品川周辺の運河はいつでも濁ってますが、シーバスは豊富にストックされています。

スレているので、食わせるのはなかなか難しい場所ですね。

まずは橋脚にミニエントやスーさんを投げます。リアクションを狙ってトゥイッチ、ジャークで誘いつつ、食わせの間を入れます。

いいとこに入っても反応なし…。

(ドンピシャな位置にルアーが入っても出てこない場合、粘らない。これ鉄則です。)

ここで登場クミホンです。

橋脚から少し離れた位置にキャスト。かなり飛距離が出ます。

▲こんな感じ

ちょい早巻き(2巻き/1秒)をしながら、ジャークを入れます。「心臓と同じリズム」がよく釣れると聞いたので、その通りにジャークしていきます。

ドンドン…ドンドン…ドンドン…

ステイ

ドンドン…ド「ゴゴン!」

キタァ!!ジャークし始めで食ってきました!!

夏のシーバスは、かなり引きます。ドラグと竿でツッコミをいなしながら浮かせてきましたが、

ここで…

「「「たもがない」」」

ぶち抜けるほど小さくはないし…仕方ないので、ラインを持って手繰り寄せます。

「暴れないでくれよ〜?T_T」

無事ランディング!!!

やったーー!!!

まあまあいいサイズ。バッチリフックが刺さってます。

クミホンの、波動が良かったのか?それともボディのフラッシングが効いたのか?

もっと使い込んで確かめる必要がありそうです。

20分後にはこのクミホンをロストし納竿となりました(笑)

——————————-

この釣行で「ジャーク」のコツを掴んだ気がします。

次回は、バイブレーションやリップ付きミノーで効果が出るジャークを僕なりに説明しようと思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

また次回お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました