[6月30日]早朝豊洲でシーバス『スーサン無双』

スポンサーリンク
釣果

ご無沙汰しておりました!!!

なぜご無沙汰していたかと言いますと、

もちろん魚が釣れなかったからです(笑)

といいますのも、「清流シーバス」という言葉に強く惹かれてしまい、しばらく多摩川上流に通っていたのでした…

(4、5回行って1匹も魚かけてないけどね…)

多摩川で清流シーバスにフラれ続けた僕は、久々に湾奥シーバスを狙いに豊洲に向かうのです。

豊洲なら釣れる。真っ黒の居着き

この日の釣行は、6月29日の終電で豊洲駅へ向かい、朝までランガン…いや昼前までランガン(笑)

12時すぎに豊洲駅を降りて、西へ進みます。

ぐるり公園→お台場→ぐるり公園というコースで10時間程ランガンしてきました。

しかしぐるり公園は朝も夜も終始反応なし。

サッパかイワシかイナッコか、銀色で10センチほどのベイトが山ほどいたのですがシーバスは不在でした。

ぐるり公園で3時間ほど時間を無駄にして、お台場方面へ向かいます。

そしてここで久々のシーバスを拝むことになります。

ではその時の状況をレポートさせていただきます。

何通しても釣れなければ、スーサンで引きずり出す。

まず狙ったのは橋の下の明暗。放水とも絡む鉄板ポイントです。

ここでほぼ全てのルアーを試します。

ミノー、ワーム、シンペン、ポッパー、ビッグベイト ……しかし、すべて無反応。

おそらく夕方に入った先行者で完全にスレてしまったのでしょう。

諦めて別のストラクチャーを攻めます。

.

この時すでに空が明るんでいました。

こんな時に使うルアーは、もちろん“スーサン”

もしかめトゥイッチでリアクションバイトを誘います。

橋脚キワキワ、少し奥にキャスト、

「チョンチョンチョン」

ロッドを下げて、橋脚をかすめるようにダートさせてきます。

「チョンチョン」

「チョンチョン…ググッ!!」

よぉーし、きたあ!!

居着きですが太っていてかなり引きます!!ファイトを楽しんで手前まで寄せたところで、痛恨のバラし…(この後7匹バラします(笑))

バラすたびうなだれながら、ストラクチャーを打っていきます。

全く同じ釣りで45cmくらいのグッドコンディションをキャッチ!

▲スーサンのパール系で出た居着きのシーバス

表層をダーとさせるので、バイトが丸見えです。

“ストラクチャーの側から急に飛び出す銀色の魚体!!”

この釣りは最高に楽しいですね。

今度は足下を狙って真っ黒くろすけキャッチ。

▲50センチのイケメン君

計20バイトほどこの周辺で出ました。

▲下手くそお絵描きのコーナー。ストラクチャーから離れる瞬間によくバイトがあります。

——————–—

雨後の雨の濁り、朝まずめ、下げ潮

この3条件が重なって一部エリアではシーバスの活性が最高潮だったと思います。

多摩川で荒んだ心が癒されました…

バチ抜けが終わった初夏の難しい時期、しばらくはスーサンのお世話になろうと思います^^

最後まで読んでいただきありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

コメント

  1. 太郎 より:

    ずっとブログ更新がないから、仕事が忙しいのかと思ったら、清流を攻めてたんですねぇ!元気で何よりです!

  2. 匿名 より:

    更新待ってましたよ〜
    同じ電車シーバサーとして応援しとります^ ^

    • P1ZZA より:

      ありがとうございます!
      嬉しいです!釣り場でお会いできる事を楽しみにしてます(o^^o)

  3. 太郎 より:

    最近またブログ更新がないですねぇ!忙しいのかなぁ!楽しみに待ってますねぇ!!

タイトルとURLをコピーしました