ひさびさ裾野FPでした。やっぱりクランクとスプーンが楽しい!

スポンサーリンク
釣果

久々にやって参りました。裾野FP。

3月5日の釣行ですが、まだ「冬の釣り」といった状況です。

冬の管釣り(エリアトラウト・エリアトラウト)はよくわからないんですよね…渋い日全般に言えることですが、

色々ローテーションしていれば普通に釣れますが、1つの釣り方がカチッとハマってそれだけが爆釣とはなりません。

この日の釣果!

クランクのレンジコントロール、巻きスピードの変化で食わす、スプーンのカラー…素人ながらに話せる事はありますが、みなさんそんな解説は求めていないでしょうから!?

さっそく釣果いきましょう!!!(笑)

裾野FPは池がいくつかありますが、僕はマディーポンドが好きなので、この日もそこからスタートです。

当日の夜中に雨が降った影響で水温が低く、朝一の活性がかなり低くて苦労しました。

30分ほどいろいろ試してやっとでた1匹目はクランクでした。

綺麗なスチール!

「やっぱりクランクか〜」と思い、そこからもクランク巻き巻き…あれ?(笑)

「釣れねえ!」「クランクハマってねえ!」

というわけで、釣りを変えます。

取り出したのは秘密兵器、

ジャクソンの “ダートマジック” です。

これ本当に釣れます。使い方は超簡単で、竿先を下げて「トントン」とダートさせてくるだけです。ダートの間に少しストップを入れたりすると、反応がかなり変わります。

しかもかなり大きくダートします。果たして魚がこのダートを追いきれるのか…ってくらいダートします。

このダートマジックで気持ちよくなっていると、

またまた綺麗なスチール!リアクションでがっつり口を使わせる釣りなので、

アタリが出て、アワせが決まった瞬間、めちゃめちゃ興奮します!

それからつぶあん(表層クランク)でも何匹か釣り、

数釣りの楽しめるミックスポンドで遊んだりしつつ、

戻ってきた下池でこのブラウン。

元気な子だったのでめちゃめちゃ引きました。さらに上がってきたこの美しい魚体に感動…。40センチでしたよ。

しかも初めて使ったルアーで!

このルアーは”ウッサ “という管釣り用クランクです。

シンキングタイプで、巻けば巻くほど浮き上がってくるんです。レンジコントロールがしやすくてめちゃめちゃおススメですよ。

泳ぎは水中でバタバタクロールするような、オーソドックスなクランクより少しアクションうるさめです!

そしてお昼を過ぎた頃、待ちに待った放流です!!

放流後にやる事はただ一つ。大きめ、重め、ギラギラ(金、銀)のスプーンを早巻きするだけ。

放流直後は底まで沈めてから、少し経ってからは表層を巻いてきます。

これだけで、爆釣です。さすが放流…巻いてる途中でガツンと竿が入るので、これまた興奮します!

たぁのしいい!!!

と、こんな感じで久々の裾野でした。

あ、サイトでのセニョールトルネードも楽しかったんですが…

巻いてるだけで絶対釣れるので、あまり印象に残ってません…(^_^;)笑

でもこのルアーは初心者には大変オススメでございますよ。セニョールトルネードを巻いていれば、サイズ問わず「「確実に」」管釣りフィッシュはゲットできます。

———————————-

さらにさらに、裾野から帰ってからも楽しみがありますよ!

管釣りのニジマスは、冬がめちゃめちゃ美味しいです。脂が乗ってトロトロ。

お刺身は寿司屋のサーモンより脂乗ってますよう!!!うはあ!!!

美味しくいただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました