PEラインの上下を扇風機で簡単に入れ替える。【荒技】ラインの塩抜きも同時にできちゃう。

スポンサーリンク
その他

さあみなさん、こんにちは。

この時期になると夏の小型青物で消耗したPEラインのことを考えますよね。

100メートルだけ巻いてライトショアジギング をしている方は買い替えてください。

ですが、200メートルクラスを巻いている方はどうしますか?消耗してるっちゃしてるけど、まだ小型の青物なら対応できそう…?

そんなあなたは、PEの「上下を入れ替え」て新品同然に戻しちゃいましょう。

「上下を入れ替える…?」

「逆巻き」とも言いますが、200メートルのPEラインをショアからの釣りに使っていると、海水に浸かって消耗している部分は前半100メートルくらいで、後ろの100メートルはコーティング充分の新品同様であることが多いんですね。

このラインを一旦外に出して、消耗しているラインを下の方に入れ、新しいラインを上に持ってくると、ライントラブルが減ってまた快適に釣りができます。

逆巻の方法

逆巻は、みなさんそれぞれ方法を持っていると思います。

・予備のリールとラインの交換をしたいリールを2個使って、
PEラインを予備リールで巻き取り→交換したいリールで再度それを巻き取り

•ライン回収機を買っているかたはそれで素早く。

どれでやってもそんなに手間のかからない作業なのですが、今回僕が紹介するのはバカな方法です。楽しくて、そして早くて簡単。

使うのは「扇風機」なんです!!

みなさん、寒くなってきて扇風機をしまう前に、PEラインの逆巻きをしましょう!

(実際、ラインリサーイクラーを使うほうが何倍もやりやすいです。お金に余裕のある方は購入をお勧めします。)

扇風機ライン交換の方法

用意するもの

・適当な空スプール2つ

・ラインを入れ替えたいリール

・扇風機

以上。

まずは扇風機を分解します。羽根やカバーなどを外し、本体だけにします。

そこに空スプールをセットして、固定しましょう。

こんな感じになります。この空スプールはいい感じにハマります。一応後ろと前をテープで固定。

横から見るとこうです、

部屋が汚いですが、気にしないでください。

そしたら、リールからラインを出して、空スプールに結びます。この時、ラインをベールの下をくぐらせてください。釣りをする時と同じ感じです。どうせテープで固定するので、軽くユニノットで結んでおけば大丈夫です。

結んだら、テープで固定して、こんな感じに。(少し巻いてから写真を撮ってないことに気づきました…)

では、巻いていきます。リールのドラグをゆるゆるにしてください。

こちらは動画でどうぞ。分かりやすくするために最初はゆっくり巻いてます。ラインが偏らないように、手で動かしてスプールに満遍なく巻いていきます。

扇風機の風量は「強」にしてくださいね。

では、巻き終わったこのスプールを外し、もう一個のスプールをセットしてください。

そして、先ほどと同じように空スプールに巻いていくんですが、この時に塩抜きをします。

お湯で濡らしたタオルやクロスなどを持ってきて、先ほどラインを抑えていた手を使って、クロスでラインをつかみます。

こうです。

この状態でラインを巻くと、お湯で塩抜きができます。扇風機の回転を阻害しない程度に、出来るだけ強めにつまんでください。

ラインが巻いてあるスプールの穴に棒を入れて、巻いていきます。

巻き終わりました。

これで、いつと同じようにリールにラインを巻けば、「PEラインの上下入れ替え」は成功です。笑

新品同様、コーティングがしっかりしたハリのあるラインが戻ってきました!!

めちゃめちゃ早いですし、簡単ですし、塩抜きもできて僕はこの方法しか使わないですが、

手元が狂ってラインがスプールから出ると、扇風機の回転している部分に巻きます。そして高確率で切れます。注意してください。

この方法の最大のメリットは、塩抜きができることでしょうね。

PEラインを冬用の青物用に太くしたいけど、今のラインがまだ使える…とっておきたい…そんな方も、これで巻き取って置いておきましょう。塩抜きは忘れずに!

以上、僕のPEライン上下入れ替えの風景でした。部屋が汚くてすみませんでした。

一応のおすすめPEライン紹介

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました