初めてのオフショア太刀魚は、爆釣。「まだアワせない!」

スポンサーリンク
釣果

初めて船で太刀魚を釣ってきました。

あ、「オフショア」というのは船釣りのことです。それに対して「ショア」は陸からの釣り。

友達のお知り合いで、2年ほど前に1度乗ったことのある船。いつ行っても賑やかでいい船です。また誘っていただけて、ありがたいでふ!

出船は1時過ぎ。

向かう先は焼津沖、といっても岸から500メートルほどですかね?道の灯りが見えてました。

用宗港から出船して、30分ほどで到着。船長の棚の指示を聞いて、餌の方もルアーの方も一斉に仕掛けを落とします。

僕はというと、友人が作ってきてくれた仕掛けを投入します。(手作り仕掛け最高でした。次は僕が作ります)

船長の宣言するタナから、5メートル深いところから探っていきます。仕掛けをゆっくりと巻き上げていると、すぐにあたりが。

「ココンッ」「コンッ」

まだ我慢。

「コンッ」 まだ。

「ググッ!!」ここじゃあ!!合わせを入れます。

「グングンッ」っと、太刀魚のファーストラン。小さいけど、初オフショアで魚をかけれて、嬉しいです。

上がってきたのは、

細いっ!F2.5くらいの太刀魚。なぜかカメラを向けられておかまみたいな手になってる!(寒いんです。)

ここからも釣れ続けます。

だいたい、ボトムが150くらい。船長の宣言した棚より少し広めに探って、アタるのはだいたい40〜60の間。仕掛けを入れると毎回アタりがあります。

駿河湾タチウオはかなり魚影が濃いですね。サイズはイマイチでしたが…無限に釣れるからめちゃめちゃ楽しい!

何本も細いのが釣れるので、1匹餌にしてしまいます。釣れたF2太刀魚を逃さずに、こんな風に切って、

いざ。

60メートルからゆっくり巻き上げて、45メートル付近で「ゴンッ」という大きなあたり、アワせてみますが、乗りません。

40メートルまで巻いてみますが、あたりがなくなります。餌が残っていることを祈ってもう一度45メートルまで仕掛けを落とします。

ゆっくり巻いていると、「ココン」「ココン」と可愛いあたり、

小さいのがつついてるなあ、とぼーっとしてると

「ギュイーン」と竿を絞り込むアタリ!

思い切り合わせて上がってきたのはのは、

F4くらいの太刀魚。嬉しい!!!

このくらいがアベレージの時も多いそうですよ。

この後も指4本サイズを3•4本指と3本サイズを数えきれないくらい釣って、終了です!!

船内でドラゴンが1本上がってました。指5は余裕でありましたね。

初めての餌釣りでしたが、かなり面白かったです。

釣り方は、

ゆーっくり巻いて太刀魚のいる棚を探る。

太刀魚の小さいアタリは、ただかじってるだけ!しっかり噛いこむまでまつ。

たまに竿を水中方向に入れるようにして、餌を送り込む。

穂先がグッと入るあたりで鬼合わせ!!

こんなかんじで、太刀魚と駆け引きしてるみたいで面白かったです。

船長から「船内でいちばん釣ってた」と言っていただけて嬉しかったです。恐らく乗船前に友人が教えてくれたコツと、柔らかめの竿が良かったんだと思います。そのコツの内容は、

「タチウオは、まず餌をガジガジする。」「その時のアタリは小さいから、まだ合わせちゃダメ。」

「何回かアタった後、底に向かって餌を引っ張って行くので、その時にアワせる!」

というもの。絵で表すとこんな感じで、

太刀魚は、餌を弱らせた後、口に咥えながらバックするんですってね。

この、アワせの我慢。タチウオの口にしっかり餌を入れてからアワせるのが肝なんすね!

非常に勉強になりました。ショアからの釣りにも生かせそうです。

船長さんの連絡先を聞けたので、これからも誘われたらどんどんオフショアやっていきます!

今回は、早くショアからヒラメが釣りたい男のオフショア記事でした!

タックルは船長が自作したものをお借りしました。柔らかくて、太刀魚のアタリが激わかりでした。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました